商品カテゴリ一覧 > ASHFORDの歴史

ASHFORDの手帳の歴史

はじまりは1982年、イギリスでの出会い。
日々のスケジュール管理と増え続ける膨大な情報の整理に頭を悩ませていた創始者がビジネス上、常に携帯しなければならない数々のデータが1冊で整理できる「システム手帳」に出会うところからASHFORDストーリーは始まりました。

当時のシステム手帳は、海外製のものが主流でリフィルも英語表記のものばかり。
手帳がハードだとすると、ソフトに当たるリフィルの充実が真のシステム手帳の姿、との思いから、六曜を始めとする日本文化に根付いたリフィルの開発に力を注ぎ、 “日本人に合ったシステム手帳を日本の繊細な技術と感覚から発信する” という理念のもと、
1986年バイブルサイズシステム手帳「プレスコット」が誕生しました。

【名前の由来とロゴに込めた思い】

システム手帳との出会いを重んじ、日本においてイギリスのトラッドな匂いのする商品を生み出す。
その思いから、ドーバー海峡を臨むイギリスの名門「アシュフォード家」より貴族の品格を継承すべく、
ブランド名にASHFORD、一点ずつ職人の手で丹精込めて商品を製作する”工房”を意味する家のマークをロゴマークに取り入れました。

世界中のより良い素材を形にする職人の高度で確かな技術、モノ作りにかける、あくなき情熱と探究心、伝統を守りながら、
常に時代の流れや風向きを読む厳しい目。

ASHFORDはこれまでの歩みの中で、
その確かな土台に、関わってきたたくさんの人の想いを重ね、強い「絆」が生まれ、
守り続けてきた「誇り」と「絆」のもと、商品という花を次々と咲かせてきました。

現在ではシステム手帳作りの基盤を活かし、使い勝手を重視したビジネス向けレザーグッズも展開。
その独創性はメディアやSNSを中心に話題を呼び、人とブランドを繋げ、ステイタスを示す新しい革小物のあり方を提案しています。
時に、時代と融合し、時に、時代に流されず、培ってきた確かな目で、
お客様の人生の伴走者となれるような商品をこれからも作り続けてまいります。

ASHFORDの手帳の歴史

  • 1982年 創始者がシステム手帳の販売を決意。製作にむけてあらゆる面から調査を開始。
  • 1985年 システム手帳のビジネス化を考え、商品化の準備に入る手帳の心臓部にあたるリング金具(クラウゼ社製)の輸入を開始
    チャンドラー株式会社創立。 ブランド アシュフォード が誕生
  • 1986年 4年に及ぶ開発期間を経て、バイブルサイズシステム手帳を発売
  • 1987年 A5サイズのシステム手帳を発売
  • 1990年 A4ファイルシステムを発売
  • 1991年 ミニ6サイズのシステム手帳を発売
  • 1994年 「名刺フォン」をはじめ、マイクロ5サイズのシステム手帳を発売
  • 1995年 「名刺フォン」が大ヒット商品となり、空前のマイクロブーム到来
    ファッショントレンドを追求した姉妹ブランド「REGGIO]発表 バイブル、ミニ6、マイクロ5のサイズで手帳を発売
  • 2001年 株式会社シーズンゲームがAHFORDを継承
  • 2006年 ホームページ、オンラインストアを開設
  • 2009年 ASHFORDオリジナル金具を使用したラインナップの発表
    バイブルサイズのリフィルとB6サイズの綴じ手帳を共に収納できる新規格「Life Organizer」を発表
  • 2010年 高さ(heigh)がバイブル、横幅(wide)がA5の新サイズHB×WA5を発売。広々書けるシステム手帳として注目を集める
  • 2012年 A4サイズジョッターが「第21回日本文具大賞 機能部門 優秀賞」を受賞
    フェイスブックを開設
  • 2016年 インスタグラムを開設
  • 2017年 システム手帳の使い方をユーザーの目線で話し合う「ASHFORDサロン」を開始 商標
    ASHFRODを社名とするアシュフォード株式会社が誕生